靴・シューズ・上履き・土足

土の上をヒールとスパイク穿いて歩く

野外でモデルさんが土の上をピンヒールのかかとや陸上スパイクで荒らしながら歩いたり、軽く走ったりのシーンの撮影を希望します。少し湿った土が理想で、光沢パンストに太陽が当たって光るような天候の良い日に撮影できるとありがたいです(あくまでも理想です)。

後半のスパイクシューズを履いて走るシーンは、今回オーダーするにあたって、自分でカメラを固定して撮影しながら色々試してみて、できるだけ詳細に書かせていただきました。昔陸上部で練習していた時に、脚のきれいな子が目の前をピンの長いスパイクで土をたくさん跳ね上げて走っているシーンをイメージしています。

■使用する衣装、道具、備品

・衣装:第1希望:97デニムショートパンツ 第2希望:62ピンクショートパンツ

 トップスは丈が短いもので、天候や気温によりコーディネートはモデルさんにお任せい   たします。

・ハイヒール:とにかくかかとが細くて高く、派手な色が好みです。                

   第1希望 H31シルバー光沢ハイヒール

   第2希望 H6 ハイヒール

   第3希望 H7 リボンが付いたハイヒール

・光沢ダンシングタイツ(amazonで購入希望)

※モデルさんが光沢系パンストをお持ちであればそれを使っていただいても結構です。

・陸上スパイクシューズ(ヤフーショッピングで購入希望)

https://store.shopping.yahoo.co.jp/***

※もし上記でモデルさんに合うサイズがない場合

https://store.shopping.***

・長さ18mmのスパイクピンをスパイクシューズと同じショップなので購入してくださ い。※(ピンは注文時に 頼めば交換して送ってくれることを確認しています)

https://store.shopping.yahoo.co.jp/***

※モデルさんの後ろ側(カメラ側)にできるだけ影が入らない方角で撮影をお願いいたし ます。

●まずはピンヒールを履いて歩くシーンをお願いします。

①土の上を歩く前に、タイルの上や舗装路などをヒールの音を響かせながら歩いて下さい。撮影アングルは基本真後ろからを中心に、ローアングルや横方向も織り交ぜながらお願いします。必ずヒールが入るように、また下半身全体~全身が入る範囲を中心に、たまにヒール付近をアップでお願いします。(1分30秒)

②土の上をヒールを土に突き刺すように歩いて下さい。f699の動画でノートを踏み付けるシーンにあるような、草や落ち葉などがあまりない、やや湿って柔らかすぎない整地された土の上が理想です。砂っぽいところは避けてください。歩くスピードはゆっくりにしたり早くしたり、歩幅も普通から小股にしたりを織り交ぜながらお願いします。とにかく土にヒールが刺さり、土が砕かれるようなシーンがたくさん入れてください。刺さったヒールで土を蹴り上げるように小走りするシーンなどもたまに入れてください。可能であれば違う土質のところを歩いたりもしてください。常にヒールが刺さった土の様子が写るように、歩く後ろ側を広めに入れてください。撮影アングルは基本真後ろからを中心に、ローアングルや横方向も織り交ぜながらお願いします。必ずヒールが入るように、また下半身全体~全身が入る範囲を中心に、たまにヒール付近をアップでお願いします。(計5分)

●次に18mmピンのついた陸上スパイクシューズを履いて下さい。

ストッキングのままで履くのが理想ですが、難しければショートソックスを上から履いてからでもかまいません。試してみましたが、土の跳ねあがる様子がよくわかる、120fpsほどのハイスピード録画でお願いします。この方法だとスローで再生時間が3倍くらいになるので実質撮影時間は3分の1ほどで済むと思います。もし機材の都合で難しく、高画質で撮影できるのであればスマホのカメラを横位置にしてのスロー撮影でも結構です。同じく走る後ろ側に影が入らないような方向で撮影をお願いします。必ずスパイクでえぐった地面と跳ね上がる土が入るようにお願いします。場所はピンヒールの時と同じでも構いませんが、少し柔らかい土の方が走りやすく、土が跳ねあがりやすいと思います。

同じ場所で何度も走って撮影しても構いませんが、一度跡が付いたコースから少し横にずらしたラインで走ってください。

①三脚固定カメラ高さ20cmくらいのローアングルでズームは固定。カメラの1~2メートルくらい前からスタート、小股で意図的に土をえぐってカメラに向かって後方に土を蹴り上げるようにスピードは出さずに走ってください。最初はスパイク付近のアップ、終わりの方で全身が写るようなスピード感でお願いします。(15秒から20秒)

②三脚固定カメラ高さ20cmくらいのローアングルでズームは固定。カメラの1~2メートルくらい前からスタート、小股で意図的に土をえぐって上方向に高く跳ね上げるようにスピードは出さずに走ってください。最初はスパイク付近のアップ、終わりの方で全身が写るようなスピード感でお願いします。(15秒から20秒)

③三脚固定カメラ高さ20cmくらいのローアングルでズームは固定。カメラの1~2メートルくらい前からスタート、普通にスピードを出して土をえぐってカメラに向かって後方に土を蹴り上げるように走ってください。最初はスパイク付近のアップ、終わりの方で全身が写るような感じでお願いします。(5秒から10秒)→これを2回

④三脚固定カメラ高さ20cmくらいのローアングルでズームは固定。カメラの1~2メートルくらい前からスタート、普通にスピードを出して土をえぐって上方向に高く跳ね上げるように走ってください。最初はスパイク付近のアップ、終わりの方で全身が写るような感じでお願いします。(5秒から10秒)→これを2回

⑤①と同様の動きで、三脚固定カメラ高さ1mくらい。(15秒から20秒)

⑥②と同様の動きで、三脚固定カメラ高さ1mくらい。(15秒から20秒)

⑦③と同様の動きで、三脚固定カメラ高さ1mくらい。(5秒から10秒)→これを2回

⑧④と同様の動きで、三脚固定カメラ高さ1mくらい。(5秒から10秒)→これを2回

⑨ここからはハイスピードやスローではなく通常の撮影でお願いします。土の上をスパイクで普通に歩いて下さい(45秒)。後半は歩くようなスピードで土を蹴り上げながらゆっくり走ってください(45秒)。斜め後ろの顔の高さあたりからから全身が入るように追いながら撮影してください。それぞれ後半15秒くらいは膝から下あたりのアップで土をえぐる様子をアップしてください。常に土がえぐられた地面や跳ね上がる土が写るように後ろ側を広く入れてください。

⑩顔くらいの高さからスパイクで荒らされた地面全体が入るように撮影してください。その撮影している中心付近を、カメラの前を軽く走りながら横切って何度か往復する姿を入れてください。(1分)

19分58秒

ダウンロード購入