股間の食い込み

三角木馬を自作して自分で試してみるOLさん

購入する衣装のURLを送付いたします。

指定のリボン C-020(ブルー)

https://store.shopping.yahoo.co.jp/***

指定の下着 モデルさんのサイズにあわせて、①または②のいずれか

①https://www.nissen.co.jp/item/***

https://www.nissen.co.jp/item/***

 色:ホワイト(上2URLは同品でサイズ違い。サイズにより在庫僅少。)

②https://www.cecile.co.jp/detail/***

 色:オフホワイト

制服については、貴社在庫のもので指定していますが、

もし在庫のサイズとモデルさんのサイズがあわない場合は追加購入します。

その際はご連絡ください。

(モデルさんが決まればサイズを伝えて、あうかどうか確認してください。)

支払い方法をご連絡ください。

掲載用文章を以下にまとめました。

必要に応じて、文字量を減らしてください。

----

【タイトル】

総務部OLの女子社員研修準備

【概要】

モデルさんは、某商社総務部のOLさんです。

今日は女子社員研修で使う三角木馬を作ります。完成したら、試乗してみましょう。

Youtuberになった気分で、過程をありのままにレポートしてください。

【希望する収録時間】15分

【顔パーツ露出】なし

【モデル指定】

・特に指定無し(なるべく細身の方希望)

・髪は後ろで1つにくくってください(ヘアゴムかシュシュ)

・長髪であればポニーテール希望

【使用する衣装】

・F373(OLさんがペダルで足漕ぎ)の制服ベスト・スカート

 スカートは起立時にひざ上になるように調整してください。

 制服については、貴社在庫のもので指定していますが、

 もし在庫のサイズとモデルさんのサイズがあわない場合は追加購入します。

 その際はご連絡ください。

 (モデルさんが決まればサイズを伝えて、あうかどうか確認してください。)

・ブラウスは白(長袖)

・指定のリボン(リボンはセンターに着用してください)

・指定の下着

・黒のナイロンハイソックス(F375、F425と同等品)

・靴やサンダルは無し

【道具、備品】

・三角木馬製作説明書(発注者側で作成)

・角材4本(例30mm×18mm×1820mm)

・カットベニヤ板2枚(450mm×300mm×4mm)

・木製の丸棒(太さ32~34mm、長さ910mm)

・丸鋼棒(または異形鋼棒D10×910mmなど)

・蝶番2個(ビスセット)(角材の長辺側の幅と同じもの)

・キレイに曲がる板AP-22 2個(建築金物のコーナーにあります)

・木ねじ12本(例 首下22mm程度)

・プラスドライバー(100均)

・のこぎり(100均)

・メジャー(100均)

・えんぴつ(100均)

・バインダー(100均)

Cap.1(2分)

【モデル】

・製作説明書をバインダーにはさみ、手元にもっておきます。

・スタート時から、材料や道具の後ろに立っています。

・「今日は、来週の女子社員研修で使う三角木馬を作ってみます♪よろしくお願いします。」

・しゃがみます。

・製作説明書を見ながら、使用する材料と道具を確認します。「角材が4本・・・」などと品名、数量を読み上げてください。

・実際に持ってみて、触り心地や硬さをレポートしてください。

【映像】

・床に使用する材料や道具を並べておきます。

・カメラの初期位置は、横位置、中央にモデルさんが立ち、全身が入るように撮影。

・しゃがんだら、カメラは全身と材料が入るようにアップに。

・しゃがみパンチラがあれば嬉しいです。

Cap.2(3分)

【モデル】

・製作説明書を見ながら、製作してください。

・過程ごとに説明書を読み上げ、作業してください。

・丸鋼棒1本は残りますが、ここではそのままにしておいてください。

・完成したら、木馬のΛ側がカメラ側に向くように置いてください。

【映像】

・カメラは初期位置に戻ります。

・作業風景やパンチラを追ってください。

Cap.3(5分)

【モデル】

・木馬の左側に立ってください。

・「完成しました~。」

・「成績のよくない女子社員は、木馬責めにされて、厳しく責めたてられると聞いています。」

・「試しに木馬に乗ってみようかな♪」

・棒を右手でなでながら、「ここにまたがってみますね。」

・両手でスカートを持ち、腰までたくし上げてください。ずり落ちてくる場合は、スカートのウエストラインにはさみこむか、クリップ等を使用して、前後ともパンツがよく見える状態にします。

・「それではまたぎます」

・手で棒を支えながら、木馬をまたぎます。

・前傾にならないよう、両手は体の前で支えて安定させます。

・足先を地面につけるように両足をピンと伸ばして踏ん張ってください。

・手を体の前後で支えたり、両手を体の後ろで支えたりしてください。

・乗っている間は無言でもかまいませんし、その都度感想や体の状態を報告していただければ幸いです。

・無理せず何回も降りてやり直したり、休憩してください。

・時間になったら、木馬の左側に降ります。

【映像】

・カメラは初期位置に戻ります。

・棒をなでるときに、なでる手元をアップ。

・カメラは初期位置に戻ります。

・またがって体が安定したら、モデルさんの周りをゆっくり、ぐるりと全身撮影。アップにして、足元から頭部にかけて垂直に撮影(前後)。

・モデルさんの横から、アップにして、足元から頭部にかけて垂直に撮影。

・パンツをアップにし、前後から撮影。

・両手を体の後ろにしたとき、下からのぞき込むように撮影。

Cap.4(4分)

【モデル】

・「もう一本の棒も試してみますね」

・棒を木馬の後ろから引き抜き、丸鋼棒を差し込みます。

・木馬の左側に立ちます。

・丸鋼棒を右手でなでながら、「先ほどの棒より細くなりました。ここに私のパンツが食い込んでしまうかもしれません。」

・棒を手で支えながら、木馬をまたぎます。

・体が安定したら、ゆっくりと両手を離して、背中で腕を組んで離しません(両手で肘をつかむように)。

・体を前傾したり後ろに反らしたりせず、背筋を伸ばしたほうが安定します。

・「パンツがすごく食い込んでいます」「木馬が割れ目にめり込んできます」「股が痛いです」「壊れちゃう」「股が裂けるっ」等と、断続的に大きい声で報告してください。

・木馬の左側に降り、立ったまま股を手で押さえたり、パンツの食い込みを直したりしてください。

・無理せず何回も降りてやり直したり休憩してかまいません。

・ただし、初めの1回は1分間は我慢してほしいです。このチャプターの時間はモデルさんの希望により調整してください。

【映像】

・カメラは初期位置に戻ります。

・棒をなでるときに、なでる手元をアップ(Cap.3と同様)。

・カメラは初期位置に戻ります。

・撮影方法はCap.3と同様です。

・モデルさんが降りるときには初期位置にもどります。

・木馬をまたぐ~降りるまでを、同様に撮影してください。

Cap.5(1分)

【モデル】

・スカートを直し、木馬の前で体育座り(ひざはくっつけない)をしてください。

・「三角木馬が完成しました!」

・「(木馬にまたがった感想があれば、どんな感覚だったかカメラに伝えてください。)」

・パンツの上から手でなでてあげてください。

・「ありがとうございました~」

【映像】

・体育座りになったら、モデル全身のカット。

写真つき

Cap.1
01)全身立っているところ
 バインダーは片手に持ち、両手は横にして起立のポーズ
02)しゃがんでいるところ
 バインダーは床に置き、両足を少し開いて、両手は軽く膝の上に
Cap.2
03)製作しているところ
 製作説明書⑤の丸棒と曲がる板を木ねじで固定しているとき、木馬+全身
Cap.3
04)木馬の横に立っているところ
 スカートを両手で持ち、腰までたくし上げきったとき、木馬+全身
05)またぎ越えるとき、前から木馬+全身
06)またがって、両手は前にして、前から木馬+全身
07)両手は前のまま、横から木馬+全身
08)両手は前のまま、後ろから木馬+全身
09)両手は前のまま、前方斜め下から
Cap.4
10)またぎ越えるとき、木馬の左(カメラ側から見て左、
 すなわちモデルさんが立っていない側)から木馬+全身
11)またがって、両手を後ろにして、前から木馬+全身
12)横から木馬+全身
13)後ろから木馬+全身
14)前方斜め下から
15)鋼棒が食い込んだパンツを前から(横位置でも可)
16)鋼棒が食い込んだパンツを後ろから(横位置でも可)
Cap.5
17)体育座りになったところ、後ろの木馬+全身

18分03秒

ダウンロード購入

© 2022